Amazon Polly の英語読み上げテスト

あー、Amazon Polly、設定画面で指定した言語でしか読み上げできないのかー。
試しに Japanese – Mizuki で読み上げてみたけど、典型的なジャパニーズイングリッシュかつイントネーションがヘン。
残念。
The train came out of the long tunnel into the snow country. The earth lay white under the night sky. The train pulled up at a signal stop.
A girl who had been sitting on the other side of the car came over and opened the window in front of Shimamura. The snowy cold poured in. Leaning far out the window, the girl called to the station master as though he were a great distance away.
The station master walked slowly over the snow, a lantern in his hand. His face was buried to the nose in a muffler, and the flaps of his cap were turned down over his face.

Amazon Polly で WordPress を音声読み上げをテストしてみた。流ちょう度は…?

AWS の Amazon polly で WordPress のブログ投稿を読み上げるよう設定してみました。

元記事はこれ。

んー、まだ機械音声みたいな感じ。Alexa と同等?
以下、読み上げているテキスト。
“Amazon Polly で WordPress を音声読み上げをテストしてみた。流ちょう度は…?” の続きを読む

Amazon AWS、ec2 + rds で WordPress 構築してみた

Amazon AWS で ec2 + rds の構成で WordPress 構築してみた。

速! ec2 の静的なサイト(.html のサイト)では Google Analytics の速度スコアが 80 ぐらいだったのに、WordPress のページは速度スコアが 99!

運用中の GMO クラウドより速い。
なんでこんなに速いんだ?
プラグインとか入れてないから?

MediaWiki で Can’t contact the database server: Access denied for user ‘wikiuser’@’localhost’ (using password: YES) (localhost))

ちょっと MediaWiki を Amazon EC2 Linux 2 でも動かしてみました。
そしたら

Can't contact the database server: Access denied for user 'wikiuser'@'localhost' (using password: NO) (localhost))

ググってみたところ、どうも mysql がパスワードを保存するのに昔のハッシュと新しいタイプのハッシュが混じっていて、それでエラーを出すっぽい。

そういうわけで、パスワードを以下の通り変更しました。

alter user wikiuser@localhost identified with mysql_native_password by 'mymediawikipassword';

そしたら無事に Wiki が表示されるようになりました。

Amazon AWS は銀の弾丸ではなかった

遅ればせながら Amazon AWS 使ってみました。
Amazon EC2 インスタンスを作成して、Apache2.4 インストールして、既存のホームページをとりあえずアップロードしました。

ブラウザで表示すると、ちょっともたつくかな?て感じで、Google Analytics の PageSpeed Insights で速度を計測してみました。
“Amazon AWS は銀の弾丸ではなかった” の続きを読む

GMOクラウド(CentOS7)でqmailを立ち上げる

CentOS 7 では yum install qmail-src ができないのね。当たり前か。もう qmail は使わないのね。
Postfix に移行しようかと思ったけど、とりあえず

  • qmail 本体とパッチのプログラムが手に入る。
  • make が通る

のなら、もう少し qmail で頑張ってみようかと思ってやってみました。

まず、qmail 用のユーザとグルーブ、そしてディレクトリを作成

# mkdir /var/qmail
# groupadd nofiles
# useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /sbin/nologin -M alias
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmaild
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmaill
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailp
# groupadd qmail
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailq
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailr
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmails

qmail 関係のソースをインターネットからダウンロード

# wget http://cr.yp.to/software/qmail-1.03.tar.gz
# wget http://www.raj-corp.com/qmail-smtpd-auth-0.31.tar.gz
# wget http://cr.yp.to/ucspi-tcp/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
# wget http://www.raj-corp.com/qmail-smtpd-relay-reject
# wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/qmail-1.03.errno.patch
# wget http://www.ckdhr.com/ckd/qmail-103.patch
# wgetできなかったので、ウェブブラウザで開いて、サーバにアップ。http://www.ksknet.net/sample/qmail-date-localtime.patch
# tar zxvf qmail-1.03.tar.gz
# tar zxvf qmail-smtpd-auth-0.31.tar.gz
# mv qmail-date-localtime.patch qmail-1.03
# mv qmail-smtpd-relay-reject qmail-1.03
# mv qmail-smtpd-auth-0.31/* qmail-1.03
# mv qmail-103.patch qmail-1.03

ここで、GMO ALTUS の CentOS 7.3 には gcc と patch が入っていなかったので、泥縄的にインストール。

# yum install patch
# yum install gcc

パッチを当てて、error.h を修正

# patch < qmail-date-localtime.patch
# patch < qmail-smtpd-relay-reject
# patch < auth.patch
# patch < qmail-103.patch

# vi error.h

extern int errno;
↓
#include<errno.h>

# make setup check

通ったー!

qmail の関係の設定ファイルを作成

# cd /var/qmail/control
# echo somehost.pocolog.net > me
# echo somehost.pocolog.net > locals
# echo somehost.pocolog.net > rcpthosts
# echo pocolog.net > defaultdomain
# echo somehost.pocolog.net > plusdomain
# cd ../alias
# echo foo@example.net > .qmail-postmaster
# echo foo@example.net > .qmail-mailer-daemon
# echo foo@example.net > .qmail-root

qmailの起動確認

(取っておいた)起動スクリプトのサンプルを使って起動確認。

# cd /(ソースをダウンロードしたパス)/qmail-1.03
# cp home /var/qmail/rc
# bash /var/qmail/rc &
# ps -ef | grep qmail

qmail 関係のプロセスが動いていたらOK。確認が終わったら qmail-send を kill しておく。
で、ここで気付いた。メールサーバの疎通確認には tcpserver(と daemontools)のインストールが必要と。
というわけで、次回は tcpserver & daemontools のインストールと設定。

(追記)

# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail
# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/lib/sendmail

GMOクラウド(CentOS7)でdaemontoolsとtcpserverを立ち上げる

とりあえず tcpserver はインストールする。daemontools を使うほどではないかと思ったけど、CentOS では今までのように /etc/rc.d/init.d を書けばいいということではないみたい。
というわけで、消去法で daemontools を稼働させることにした。

tcpserver のインストール

# cd /home/hoge/qmail
# wget http://cr.yp.to/ucspi-tcp/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
# tar xfz  ucspi-tcp-0.88.tar.gz 
# cd ucspi-tcp-0.88

# vi error.h
extern int errno;
↓
#include に変更

#make setup check

daemontools のインストール

# cd /home/hoge/daemontools
# wget http://cr.yp.to/daemontools/daemontools-0.76.tar.gz

# mkdir -p /package
# chmod 1755  /package
# cd /package/
# tar xfz /usr/local/src/daemontools-0.76.tar.gz 
# cd /package/admin/daemontools-0.76/

# vi /package/admin/daemontools-0.76/src/error.h
---
extern int errno;
↓
#include <errno.h>

# package/install

インストールできた!

systemctl で daemontools を動かす

# vi /etc/systemd/system/daemontools.service 
[Unit]
Description=daemontools Start supervise
After=getty.target

[Service]
Type=simple
User=root
Group=root
Restart=always
ExecStart=/command/svscanboot /dev/ttyS0
TimeoutSec=0

[Install]
WantedBy=multi-user.target
# systemctl enable daemontools
# systemctl start daemontools

qmail と tcpserver の実行設定

qmail と tcpserver の実行設定を daemontools 流に書く。
/var/supervise 配下に設定ファイルを書いて、/service 配下で動かすことにした。

# mkdir /var/supervise
# mkdir /var/supervise/qmail
# mkdir /var/supervise/smtpd

qmail の run ファイル

# vi /var/supervise/qmail/run

#!/bin/sh

exec env - PATH="/var/qmail/bin:$PATH \
qmail-start ./Maildir/ splogger qmail

サービスディレクトリにシンボリックリンクを張る。

# ln -s /var/supervise/qmail /service/qmail

# svstat /service/*
でサービスが起動していることをチェック。

tcpserver の run ファイル

vi /var/supervise/smtpd/run

#!/bin/sh

exec env - PATH="/var/qmail/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin: \
/usr/local/sbin:/usr/local/bin" \
/usr/local/bin/tcpserver -v -x /etc/tcp.smtp.cdb \
-R -H -l0 -u (qmaildのUID) -g (nofilesのGID) 0 smtp \
/var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1

同じく
# svstat /service/*
で smtpd が起動していることをチェック。
おっと、その前に tcp.smtp.cdb を作成。

# vi /etc/tcp.smtp

127.:allow,RELAYCLIENT=""

# /usr/local/bon/tcprules /etc/tcp.smtp.cdb /etc.tcp.smtp.tmp < /etc/tcp.smtp

これで動くはず。

(追記)

# firewall-cmd --add-service=smtp
success
# firewall-cmd --add-service=smtp --permanent
success
# firewall-cmd --list-services
dhcpv6-client http ssh smtp

を忘れずに。