AWS for WordPress の CloudFront をエラーなく使う設定方法

WordPress の AWS for WordPress プラグインに CloudFront を設定できる画面がありますが、画面の指示通りにやってもエラーが出ます。
この画面でエラーなく設定する方法は以下の通りです。

origin も dest も普通の WordPress サイトとして表示できるようにする。

origin も (取りあえず)dest も EC2 の IP アドレスを指すように、DNS サーバの設定で A レコードの設定をします。

Apache の httpd.conf で、origin も dest も同じサイトを指すように設定します。

<VirtualHost *:80>
  DocumentRoot "/home/{your-home-directory}/wordpress"
  Servername "orgin.bass-world.net"
  ServerAlias "origin.bass-world.net"
  ServerAlias "dest.bass-world.net"
  (以下略)
</VirtualHost>

origin と dest の両方を含む SSL 認証書を取得する

# certbot certonly --webroot -w /home/{your-home-directory}/wordpress
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
Please enter in your domain name(s) (comma and/or space separated)  (Enter 'c' to cancel): 
origin.bass-world.net dest.bass-world.net
(以下略)

取得したら、origin/dest の両方でウェブサイトが表示できるか確認する。

確認したら、dest の A レコードを DNS 設定から削除する。

AWS for WordPress の CloudFront を実行する

origin の WordPress の AWS 設定画面で、CloudFront の設定をする。(画面に書かれてある 3 ステップ)

CloudFront のディストリビューションアドレスを dest の CNAME に設定する。

WordPress のサイトアドレスを dest に変更する

WordPress 設定画面の「設定」→「一般」で、「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」を、dest の URL に変更する。

追記・マルチサイト化

サブディレクトリ型のマルチサイト化は無理。

CloudFront の設定が終わってからマルチサイト化すると、サブドメイン型しか選択できなくなる。

先にサブドメイン型のマルチサイトを作っておいて CloudFront を設定すると、一見できたように思えるが、色々バグってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です