GMOクラウド、CPUとメモリの増設

GMOクラウド ALTUS(アルタス)、Apacheの設定変更とWordPressのプラグイン追加でそこそこ速くなって満足していたんだけど、Kaeriyama Worksの応答速度が3秒程度、あとWordPressの編集画面が遅いので、もっと速くできないか考えてみる。

Kaeriyama Worksと同程度のボリュームの静的ページがロスなく表示されることから、遅い原因はメモリやネットワーク速度でない、CPU速度だと決めつけて、GMOクラウドでCPUを2つにすることに決定。

サポートページをいろいろ調べたのにGMOクラウド ALTUS(アルタス)のCPU追加方法が見つからなくて、サポートに連絡。やっとわかりました。

これ重要です。サポートページに載っていません。CPUなどの追加方法です。

1. [コンソールログイン]画面へログイン
2. [仮想サーバー] > 対象の仮想サーバー名をクリック
3. [仮想サーバーの停止]を実施
4. 仮想サーバー停止後、同画面内の[仮想サーバーの変更]をクリック
5. CPUコア数のみを変更する場合、プルダウンメニューにて「Custom Server」を選択のうえ、
vCPUコア数とメモリ容量を入力し[OK]をクリック

CPU追加の効果は絶大です。WordPressのページが0.4秒で表示されるようになりました。編集画面もだいぶサクサクしてきました。Kaeriyama Worksは2.5秒程度になりました。

試しにメモリも1GBに追加してみました。CPU追加のような劇的なスピードアップはないものの、20%ぐらい速度アップしたので、まあいいとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です