qmailでバーチャルドメインを利用する方法

qmailでバーチャルドメインを利用する方法は@IT バーチャルドメインにおけるqmailの運用 (2/3)で詳しく解説してあるけど、サンプル例が誤解しやすいのでここにメモを書きます。

バーチャルドメイン宛メールを受け取るユーザーの追加

# useradd -s /bin/false vuser

rcpthostsにメールを受け取るドメイン名を追加する。

/var/qmail/control/rcpthosts

example.net
virtual.example.net #これが追加するドメイン

virtualdomainsの作成

/var/qmail/control/virtualdomains

virtual.example.net:vuser

qmailのリスタート

# service qmail restart

CentOSなどはこのコマンドでリスタートできます。

ユーザーの.qmailファイルの修正

# cd /home/vuser
# echo "&info_mail_addr@example.jp" > .qmail-info
# echo "&blog_mail_addr@example.jp" > .qmail-blog
# chown vuser:vuser .qmail*

これで、info@virtual.example.netとblog@virtual.example.netのメールの設定ができました。

あとは、ネームサーバにてSPFレコードを設定します。これでReceived-SPFヘッダがsoftfailからpassになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です