訪問演奏レポート、そして新春

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

・・・と、まるで代表みたいに(?)書き出してしまいましたが、私、このブログで何人目かのライター:おてあげ君。このたび初投稿させていただきます!
年末・年始は皆様、いかがお過ごしでしたか? 私は学習塾講師の仕事をしてるので、大晦日と三が日を除いて朝早くから夜遅くまで「冬期講習」で大忙しでした。
近年の塾は個別指導が主流で、私の勤め先もそう。1~2時間おきに新しい生徒を迎え対面で授業するのです。私のようなオッサンと言えど先生が疲れた顔してては生徒のテンションも下がります。どの時間もシャキッとしてなきゃいけなくて体力勝負でキツいのです。
(かと言って、まぁオッサンの爽やかな顔も見たくはないでしょうが・・・)

さて今日は昨年12月15日に行いました訪問演奏のご報告です。
・・・って、1か月も昔のことを今頃投稿する私。スミマセン。。
でも、こんな遅くの投稿も許されるほど、無理なく自分のペースでできるのがミーツの良いところなのです!
@ ___ @ )/ ←遅らせたお前が言うなって…?

私達ミーツは20年近く前から毎年、グループホームや特別養護老人ホームなどで訪問演奏をしています。
当初は私の親が要介護になりお世話になった施設とのご縁で始めたのですが、そういったご縁も続けつつ今やミーツの年末の一イベントとなりました。
つくづく思うのですが継続は力なり、そして縁とは大切なもの。何気ない趣味を続けてきたおかげで多くの縁が生まれ、時には悲しみも和らぐ賑やかなイベントさえ創り出せる。
施設の方々にもそして身内のメンバーにも感謝です。

今年の会場は津市芸濃町にある介護付き有料老人ホーム「昭和ろまん」
“昭和”を感じさせるレトロさモダンさを醸し出した高級志向の施設で、ロビーの真ん中に池があったり、ウォーターベッドや娯楽用の全自動麻雀卓が置いてあったり、お上品な御婆様に声をかけられたりと、ここで初めて演奏する私達は少々ビビッておりました。

実は今年も演奏時サンタのコスプレしようかと考えてた私達。 いや~今回はやらなくて正解だった。。
でも今回顔を知ってもらえたので、来年からはコスプレも大丈夫かな・・・(?)

演奏曲の方は、定番の唱歌やご入居されている方々がお若い頃に流行った流行歌などを中心に、「歌える」曲をラインナップしました。例えば、
「ふるさと」「浜辺の唄」など子供の頃から歌ってきた歌
「リンゴの唄」のように戦後日本の復興を支えてきた歌
「見上げてごらん夜の星を」のように高度経済成長期に流行った歌
「津軽海峡冬景色」「北国の春」のように、子や孫の成長を見守った頃流行った歌・・・など。

戦争の苦しみを越え力強く明るい方へ進むこの国とともに歩んできたその人生は、困難もあれどきっと素晴らしいものだったでしょう。
そんな人生の良き場面を思い出しつつ歌って頂ければ・・・って、そこまでできるほど私達に力はありませんが、
でも私達の演奏に載せて歌って頂けるなら、とても嬉しいことです。

午後2時に開演した演奏会は、全11曲、約1時間。
とても嬉しいことに皆様、元気よく歌って頂けました!

「昭和ろまん」の皆様、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です