人々が、願うということ

演奏会が続いた。

三重大吹奏楽部でしょ、
名古屋マンドリン合奏団でしょ、
アンサンブル木蔭さんでしょ、
岐阜シティマンドリン合奏団でしょ。

梅雨明けの空は
まるで、
マンドリンのピッキングのような青空。

聴き手側には、ウィズコロナの手順が刷り込まれていて

検温
マスク
手指消毒

自分でチケットをもぎって、
パンフレットを一部取り上げ、
隔席に空いた座席に、
沈黙で向かう。

客席はそんな感じ、
一方、ステージ側。

2年に渡る沈黙の中、いつか来るであろう演奏会の日を見据えての練習。
並大抵の努力ではないはず。

尊敬と感謝が湧いてきます。

岐阜シティの演奏会では、アンコール前に
全曲ノースコアで振った倉知さんが、指揮台の横のマイクを取ってこんなふうにおっしゃいました。

「2年間の思いの丈を、この演奏会にと思ったら、3ステージ構成になってしまいました(笑)

私事ですが、先日伺った歌のコンサートには、300席のホールに隔席指定で、それでも、120人ほどだったかな、
一人ひとりに手書きの手紙が入ってたんです。
ま、印刷ではありますがね。


こうやって皆様の前に立たせて頂いてる私達も、6月の時点では、まだ、無観客の予定でした。
舞台に立つ一人一人もそれぞれの制約の中、この人数で頑張るか、という話にもなり。

ですから、何よりも、
今日、この場で思うことは、

駆けつけてくださった人々に感謝です、ということなんです。亅

ナベちゃんも、同じ気持ちです。

人の力に、感謝です。

あと、もう一つ。

名城公園で行われた木蔭さんの曲の中に『星に願いを』がありました。
ピノキオの挿入歌です。

本当の息子にと願うおじいさん
人間になれたらなと思うピノキオ 

そんな二人に

『星に願いをかけるとき
きみが誰だろうと関係ないさ
心を込めて願うとすれば
きっと叶えてくれるはず』

とコオロギのジミニークリケットが歌い上げる名曲です。

来年こそはと
私たちミーツの面々も

皆で星に願います。。

ミーツは続くよどこまでも。
ドラのナベちゃんでした。

追伸、東京五輪開幕ですね。

星に願うことばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です