早春と継続

最近のなべちゃんは、
名フィルと双頭に立つセントラル愛知の公開リハーサルに足しげく通っています。
年六回開催されるのですが、今年度のラストの会に先日いってきました🎵

今回は
スッペの軽騎兵序曲とロッシーニのウィリアムテル序曲でした。
当時のオケ譜は不完全なものが各社から出ていると言う、著作権糞食らえ状態で、音源にあるティンパニやバスドラムが書かれてない❗️
仕方がないから、スコアに足して、今回の演奏会に臨んでいます、といってました。

それに似たようなことが、今回の練習には仕込まれておりました。

耳のよいイケジョメーテルは、今回、賛助の期待が消えてしまったローネとティンパニを、大御所と化したチームcelloから二名を選抜し、代打に当てました。
いきなりの変更に「す、す、すみませんっ」の素直さで答える王子。
悪くない🎵
音バランスすら未来が見える🎵

そして、メーテルだけじゃない。
マドレーヌ(みんな、聴いたかい?アルテの第二部に現れたmeets所属の彼の新曲を‼️)を搾り出しながら、アクアマリンのダイエットを成し遂げたモチーフ君は、指揮者に不可欠るなオラオラ感をチラチラさせながら団員を煽っておられました。

どちらも緊急事態宣言に折れることなく、
未来を向いて、紡ぎ、編み上げていく。

春だね。
めぶき、育つ、命の季節。

三月は二回。
四月も二回。

みんなで集う。音を紡ぐ楽しさ。

meetsは続くよどこまでも。
今日も、ドラのなべちゃんでした。


遅刻しなかったヨーー♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です